とある役職者のブログ

ビジネススキルや対人スキルを実体験に基づき、現代版にアップデート。職場や家庭で使える心構えやスキルを紹介するブログ。

セミナーや研修は意味がない

f:id:ishetel0000:20200421164531j:plain

座学だけ受けて、学んだ気分になり、実行できなければ
セミナーも研修も意味がありません。

セミナーや研修は忘れてしまうので意味が無い

人は翌日には「74%の事を忘れます」。

皆さんはセミナーや研修会を行う企業が何故儲かるかわかりますでしょうか。
受講してくれた方々が「忘れてくれる」からです。

また受けに来てもらえるので、儲かります。

セミナーや研修は無理やり受けても意味がない

人は「嫌なこと」に対しては無意識に情報を遮断します。
行きたくないものに嫌々参加させても効果は得られません。

自分の意思で、必要性を感じて、勉強しに行って
初めてインプット効果が得られます。

セミナーや研修に行く前に必要性を認識するほうが先です。
そのあとの継続の意欲にも繋がってきます。これは家庭でも同じです。

学んだことを維持する努力の方が大変

優良企業では「受けることが目的ではなく」「出来るようになること」と
口うるさく言ってくださいます。

忘れないようにするには、毎日復習する必要があります。
その過程で、実践して「体に覚えさせ」「習慣づける」必要があります。

それができなければ、セミナーや研修の意味はないでしょう。

セミナーや研修は「必要性の認識」「受ける者の強い意志」が前提に必要で
受講後は「強い意志による継続」が必要になります。
まさに修行、と言えると思います。

お勧めのセミナーや研修

「ワーク」と呼ばれる実践型のシミュレーションを取り入れているか。

これはセミナーや研修中に見聞きしたことをその場で体現するものです。
これによって、よりインプットが明確になり、記憶にも植え付けられます。
「体に覚えさせる」の入り口です。

そして、セミナーや研修中にも「必ず、一つでいいから、行動してほしい」と
うるさく言ってくれる企業が望ましい。

ある研修会社では、セミナーの最後に
自分に対して目標設定を行い終わる企業もあります。

セミナーや研修を受けるなら、そういった企業で行うべきです。

中にはアフターフォロー(数か月後に復習)などを行う企業もありますので
探してみるとよいでしょう。

セミナーや研修は意味がない」のまとめ

一番難しいのは、最初の「必要性を認識させること」です。
興味がない人、できると思っている人、これほど手ごわい相手はいません。

しかし、向き合っていかなければならないのです。
それが、上司だったり親だったり、人事だったりと
人の成長にかかわる人たちの宿命なのです。