とある役職者のブログ

ビジネススキルや対人スキルを実体験に基づき、現代版にアップデート。職場や家庭で使える心構えやスキルを紹介するブログ。

育成方法は一つではない

f:id:ishetel0000:20200421164531j:plain

「当たり前だ」と思う方と「え、そうなの?」と思う方が
いらっしゃるかと思いますので、詳しく書いていきたいと思います。

突き詰めれば、皆同じことを言っている

f:id:ishetel0000:20200418105709j:plain

自己啓発関連の書籍はかなり読んできましたが、いずれの書籍も
根底は同じです。

ただ、方法が異なったり、昨今の時代に合わせて反論する方も多いです。

しかし、それは結局反論する方も根底を探ると同じことを「言い方を変えて」
伝えていたり「そんなことは前提として当たり前でしょ」を踏まえて
発言していたりします。

なので、根底の部分を飛ばして、憧れのYoutuberが
「会社なんて辞めてやりたいことをやった方がいいよ」と言っていたのを見て
「やりたいことをやるから会社を辞めます」と、いきなり退職して
「いざやめたけど、やりたいことが見つかりません」と、路頭に迷うケース。

これは、まずわけ訳で恐らく「そういう事じゃない」と
洗堀者たちは言うと思います。こういったケースは多いと思います。

「起業した方がいいよ」という方も根底には「やりたいことを突き詰めればいい」
という考えと、「今の仕事をいきなり失うのはリスクがあるからやりつつ、
やりたいことを探して、会社の起業準備をすればいい」とか
そういった考えのはずなのです。

受け取り方を間違えると危険ですので注意しましょう。
本題に戻します。

育成において、「手法が異なる」という記載をしました。
これは人はそれぞれ異なるという事です。

1億3000万通りある育成方法

タイトルで何となく気づかれた方もいらっしゃるかと思いますが、
1人相手に通用した育成方法が、隣の席に座っている子に
通用するかと言ったら難しいと思います。

これは、家庭でも同じです。
3人兄弟がいて、長男を育成した方法で次男にやってもうまくいかない。
あるあるかと思います。

また、長男・次男とも子なる三男の育成方法も異なるケースがあります。
人は機械ではないので、似る部分はあるかもしれませんが発想や考え方など
違って当たり前なのです。

なので、長男に行った育成方法が次男に対して「上手くいかない」からと言って
「お兄ちゃんはちゃんとできるのに」とか、言わない方がいいです。
次男が病みます。

社会人でも同じで、セミナーや書籍といった物。
私が紹介しているような書籍も「合う人」と「合わない人」がいます。
当然かと思いますが、考え方や受け取り方も異なりますので
その人にとって必ずバイブルになるとは限らないのです。

では何故「バイブル(聖書)」は、皆共通に宗教の対象として
みなすのでしょうか?

それは宗教というのは、刷り込みだからです。
合う合わないではなく「そういう物だ」という刷り込みです。
キリストは神である、アッラーフは神である、ヤハウェは神である、という。

同様に会社によっては「これが正である」という育成をする企業もあります。
ある種正解です。時間やコストや合うやり方の模索などを考えると
一人一人、異なった方法での育成は効率的ではありません。

人が少ないならまだしも(少ないのでやっていける)大企業になり数十人
数百人の新人相手には、まず不可能に近いと思います。

だからこそ、企業には「新人研修」とカテゴライズされて
新人さんが格納される共通プログラムが用意されているわけですね。

でも忘れないでください、できるのであれば
やはり、一人一人に合った方法で育成した方が個特有のスキルは伸びます。
私の中の正解は、一人一人異なったやり方で育成をする方法です。

一例として大企業が行っているのは、将来リーダー・役職者になる
特定の少数に対して特殊な育成を行うという物があります。
方法としては有効なのです。

会社や家庭内での育成方法に関して一度見直してみることをお勧めしたいです。